メールのマナー ~ビジネスマナー資格取得クラス~

今月のビジネスマナーのレッスンは

7月9日の19:30より開催いたしました。

一度報告を書き上げたにも関わらず、なぜかすべて消してしまったので、

すっかり萎えてしまい、ご報告が遅くなってしまいました・・・


気を取り直して、書き直します~♪


今回のテーマは「メールのマナー」です。

昨今、郵送・電話・FAXをはるかに超え、

ビジネスの最たる通信手段は電子メール、つまりE-mailですね。

日本現代作法会のビジネスマナーの教科書でも前回の改定の際に

新しく付け加えられた項目の一つでもあります。


E-mailが一般的な通信として利用され始めたころは、電話やFAXと違い、

受け取り手の状況を考えずに連絡することができる、と考えられていました。


例えば、深夜や早朝、こちらの都合のいい時間帯にメールをお送りしても、

先方のよいタイミングで見て頂けるので、なるべく早くお送りする事こそが

大切であるとお伝えしておりました。

・・・もちろんPCのメールアドレスへですよ。


しかしながら、スマートフォンが完全に普及している現在、ビジネスのメールも

個人のモバイルへ転送をしている方が多くいらっしゃいますね。

すると、こちらの都合でお送りしたメールは少しのタイムラグはあっても、

即座にお手元に届いてしまいます・・・


現在では、ビジネスメールはお送りする内容によっては送信するタイミングを

配慮しなければなりません、とお伝えしております。


・・・これも実際には難しいのですけどねぇ。


遅い時間に届いたメール、もしくは遅くに拝読したご連絡に、

お返事がすぐ必要かしら・・・と、考えあぐねた結果、

かなり遅い時間にメールをすることがよくあります。

メールの内容や関係性によって、送信のタイミングの判断が必要となりますね・・・



ビジネスにおけるマナーは、一般のマナーや作法と違って、

その時の社会状況によってどんどん変化してまいります。

つまり、固定のマナーを覚えていればよいというわけではないのです。

マナーのセンスを磨いてまいりましょうね~



さて、本日のお茶の時間です♪

「マフィンとGodivaのフ:レーバーコーヒー」をご用意しました。

17-07-05-08-40-36-787_deco.jpg


マフィンの中には、チョコとココナッツやミルクジャム、

紅茶のクリームが入っているものもあります。


焼いた本人もどれがどれやらさっぱりわかりません・・・

ロシアンルーレットのようなマフィン(笑)

(辛かったり、ワサビが入った罰ゲームはありません!)


夜のクラスはお仕事帰りのこともあって(私を含め)

おなかにしっかり入るものを選んでいるのです~ ^^


次回は、7月27日(木):19:30~

 「ものの持ち方・渡し方」を予定しています。


蒸し暑い日が続きますが、どうぞ皆様ご自愛くださいね~!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tomoe

Author:tomoe
日本現代作法会 認定講師

宝塚でマナー教室を開講しております。
暮らしに役立つマナーやお作法を一緒にお勉強いたしましょう。

【インスタグラム】http://instagram.com/sumire_culture

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR