葵祭献茶式

今年も葵祭の献茶式に参加してまいりました。


正式には「下鴨神社煎茶献茶祭」というようですが、

葵祭を締めくくる下鴨神社での最後の行事だそうです。


IMG_8599.jpg

かつらの枝とあおいの葉を烏帽子に飾った神職が、神前でお祓いをし

祝詞をあげるといった神事のあと、舞殿で小川流の家元の煎茶の奉納が行われます。


定刻、10時になると、ご神職を先頭にお家元、

続いて小川流社中の皆様が入場・・・・


IMG_8601.jpg


IMG_8603.jpg


神事の後、お家元の点てた煎茶を東本殿、西本殿の神前にお供えするという

一連の行事は一般の観光客も見学することができます。


IMG_8605.jpg


舞殿での献茶の様子です・・・。


小川流では昨年、第6代家元がお亡くなりになりました。

この度の奉納献茶は、第7代小川流家元を襲名することを神様に報告、

披露という特別な日でもありました。


先代のお家元、小川後楽先生には、大学で講義を受けたこともありますし、

授業の一環ではありましたが、お稽古をしていただける機会にも恵まれました。

知的で温厚、上品なたたずまいに優しいお声・・・ 

お傍にいるだけで、とても満たされた幸せな気持ちになり、私は大ファンでした・・・


訃報には本当に驚き、ショックを受けましたが、本日の献茶式、

そしてその後の茶会の盛会な様子を拝見し、

小川流の煎茶道はこうして代々しっかり守り伝えられてゆくのだなぁと、

伝統文化の継承に心が震えましたよ。


茶会では、代々お家元ご愛蔵のお品が多く使用され、

普段の茶会では拝見できないようなお点前を体験することもでき、

(もちろん、小川流のあの美味しいお茶もいただけましたし❤)

充実した一日となりました。


お付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。




本日の着物です。

17-05-24-22-35-12-051_deco.jpg


あまりの暑さに、単の付け下げを。帯は綴れです。

大寄席のお茶会とはいえ、襲名披露茶会ですので、

お声をかけていただいたので、あまり格を落とさないように… 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tomoe

Author:tomoe
日本現代作法会 認定講師

宝塚でマナー教室を開講しております。
暮らしに役立つマナーやお作法を一緒にお勉強いたしましょう。

【インスタグラム】http://instagram.com/sumire_culture

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR