出雲大社に行って参りました




10月(神無月)は出雲では神在月といわれ、
日本全国の神様があつまっていらっしゃるといいますね。

本来は旧暦の10月。
正確にいえば、旧暦10月11日~17日の間に神様が出雲大社に集まります。

簡単に日本全国…といっても、日本の神様には二系統あって、天照大神を代表とする「天津神」と大国主命など国譲りをした「国津神」がいらっしゃいます(詳しくは古事記をご参照ください…)。

だったら、出雲にあつまるのは「国津神」様たちだけなのかしら?

と以前思っていたら、何気ない会話の中で、全国の神様の不在を守る留守居神もいて、それがなんと「恵比寿さま」。

なんて可哀そうな えびっさんっ!

地元の神社で福娘をやった御縁から勝手に親近感を持っております。

それはともかく、恵比寿さまは「ヒルコ」とも言われ、天津神に属する…そうです・・・
だったら、天と地全ての神様が出雲にお集まりになるはず!

・・・と思うに至りました。なんだか得した気分です!(あくまで本人調べ)


しかし、何のために出雲に集まるのか…ですが、
国生みの女神さまであるイザナミの命日を弔うためだ、とか、
いやいや大国主命の命日を弔うためだとか、諸説あるようですが、
日本書紀によると大国主命が天津神に国を譲られる際に

「私の治めるこの現世は、皇孫である貴女がお治めください。
これから私は隠退してかくれたる(幽れたる)神事を治めましょう」

などとおっしゃって、自らは本当に隠れてしまわれたとのこと・・・

ここでいう「「幽れたる神事」というのが、目には見えない縁を結ぶことであり、全ての縁を結ぶために全国から神様を一年に一度お招きして会議をなさると解釈されているわけなのです。


話はすっかり長くなりましたが、出雲大社に行って参りました。

今年の神在月は11/21深夜~28日まで。

出雲への参拝も5回目?
そういうと、あまりにご利益がなさそうですが、お仕事のご縁や皆様とのこうした出会いのご縁には恵まれておりますので、あしからず。

あいにくのお天気でしたが、神在月の参拝ははじめてなので、楽しみに参りました。


出雲大社では通常「二礼二拍一礼」のところを「二礼四拍一礼」します。

「わたくし、○県○市○○に在住しております、○○でございます」

神仏にお参りをするときは、まず自分を名乗りましょう・・・ご存知でした?
○○○○の娘です、と両親の名前を挙げるかたもいらっしゃいます。

そして、お願い事をするのではなく、日々の感謝の気持ちを伝えるのが本当のお参りだそうです・・・


楽しみにしていた特別な神事は、訪れたこの日に限って特になくて残念でした。

しかし、私は団体祈祷の代表の一人に選ばれて、神前で玉串奉奠をさせていただけましたし、同行していた妹には、諦めていた仕事のオファーが突然舞い込みました!

すごいパワーなのかもしれませんよ~ヽ( ̄▽ ̄)ノ


皆様にも、幸せが届きますように~❤



スポンサーサイト

新嘗祭

11月23日はなんの日?

そう、勤労感謝の日という、祝日です。

同時に、新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日でもあります。

新嘗祭とは、宮中祭祀のひとつで、天皇陛下の行う最も大切な仕事ともいえます。

五穀の実りを感謝し、天の神、地の神に感謝を捧げ、供に食し、そして翌年の豊作を祈るという、我々農耕民族にとって大切なお祭りなのです。

宮中のみならず、今年も伊勢神宮や出雲大社など、各地の神社で執り行われました。


勤労感謝の日というのも、天からいただいた恵みを受けとるための労働は尊く有難いもので、感謝の心を持たねばならないという意味があるのかも知れませんね。

高千穂にいってきます!

さんふらわぁにて一路九州へ!

いつか行ってみたかった、高千穂の地へ行って参ります!

高千穂…天孫降臨の地として、日本神話で彩られています。
私の大好きな古事記の世界。
お勉強して参ります。

独りでフェリーははじめての体験。
神戸港出向のさんふらわぁ号には個室があるので快適です。

場所にもよりますが、Wi-Fiもつながるうえ、思いがけず大浴場もあって、お風呂好きで、なにかと忙しない私にはフェリー旅行は素敵な大発見!

ではでは、いってまいります。

ボジョレー・ヌーボー解禁!

今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日。
11月の第三木曜は、ボジョレー・ヌーボーの解禁日ってご存じでしたか?

パリの事件があったためでしょうか、今年はあまり大きな宣伝やお祭りはありませんでしたね。

昔は日にちが決まってなかったっけ?と調べてみたところ、以前は11月15日だったそうです。

ボジョレーヌーボーの品質保持の為に販売日を決めたそうですが、その日がキリスト教の安息日である日曜に当たってしまうと、どのお店もお休みで販売できないことに…😅

そこで1983年に11月第3木曜の午前0時ときまったとのことです。


しかしながら、私なぜ、以前の販売日を覚えていたのでしょうね?
10代も10代!小学生か中学生です。
興味の対象って変わらないんですね~(笑)


あ、飲んでないですよ!






美術館のマナー(楽しく学ぶ暮らしのマナー)

文化、芸術の秋!

先日、正倉院展に行ったこともあり、今回のテーマは、美術館でのマナーにいたしました。

静かにしましょう、飲食はやめましょう…
などではつまらないので、まずは美術館の歴史から!

美術館とは、
美術館の成り立ち
日本における美術館の成立… などなど、

テーマを決めて内容を考えているうちに思い出しました。
ワタクシ、学芸員資格を持っているのでしたヽ( ̄▽ ̄)ノワハハハ

せっかくの資格を皆様に還元できない未熟さに恥ずかしい限りです。
また勉強をしなおして役に立つ知識をご提供したいと思います。


さて、生徒さんからいただいた質問をご紹介。

「ルーブルは日本の美術館と全然違いました。
とても明るいし、写真も撮れて…。この違いはなんですか?」

海外の美術館で同じような経験をされたかたも多いのではないでしょうか。

その理由は、ルーブルの美術品はルーブルに所有権があるから…なのです。

我々の知る日本の美術展のほとんどが企画展といわれるいわゆる特別展示です。

高価な契約を結んで世界的な美術品をレンタルしています。
そんな美術品ですから、劣化しないように、傷をつけないようにと、とても神経質な展示になってしまうのです。

ですが、日本においても、美術館が個々に所有する美術品を展示している常設展だと独自の展時方をみることができますよ。

私のお薦めは、奈良にある大和文華館です。
コレクションには国宝や重要文化財に指定されているものも多いのですが、展示室の明るさとメインの展示室のレイアウトには驚かされました。


展示品のみならず、それぞれの美術館の成り立ちや展示方法についても興味を持てば世界はひろがります。

是非、みなさまのお薦めの美術館も教えてくださいね!

贈答のマナー2-2(資格取得コース)

本日の授業は前回到達できなかったラッピングとリボンの実技。

包装はキャラメル包みが正式な包み方。
商品を裏返さずに包め、包装紙も少なくてすみます。

百貨店で包んでくれる斜め包みが正式な包み方だと思われていらっしゃるかたも多いのですが、そうではなかったのですね。

包装もリボンも大騒ぎでしたが、皆様一生懸命取り組んでくださいました🎵



最終的には、小型のパウンドケーキをラッピングしてお持ち帰りいただきました。
せっかくラッピングしたなら、持って帰りたいですよね~💕

お茶菓子はケーキ教室でつくったしっかりチョコケーキ!
今日もたのしい授業でした!




小春日和 解禁!

小春日和(こはるびより)とは、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天のこと。

そして、小春とは、旧暦10月の異名。

つまり、先日までの好天気は小春日和とは呼べなかったのですね。



旧暦10/1の本日、「小春日和」解禁です!ヽ( ̄▽ ̄)ノ


冬になりました

日本には分かりやすい季節の変わり目があります。

立春、立夏、立秋、そして立冬です。

2015年の立冬は11/8

この日を境に、季節は秋から冬へと移り変わりました。

今年は随分暖かい冬の始まりとなりましたが、木枯らしが吹いたり、霜がおりたりする季節が目の前に来ているのですね。

ちなみに季節の始まりともに終わりもハッキリと決まっています。
いわゆる節分。

今日から始まった冬は、立春の前日までの期間です。

期間限定と知ると、今年の冬を慈しみたいなぁという気持ちになるから不思議です。

生まれたばかりの冬の季節。
皆様どのように過ごしましょう~✴

ダージリン飲み比べ 2015秋!

このところ紅茶教室で定番の「飲み比べシリーズ」😄
今回はダージリンヽ( ̄▽ ̄)ノ



イギリス、フランス、その他ヨーロッパ、日本などの様々なブランドのダージリンを飲み比べ!

もうね、好きか否かくらいしかわからないのですが、だんだん自分の好みは分かってきますね🍀

そしてどなたかにプレゼントするにはいい参考になりますよ。


その後は、様々なブランドのティーカップで水色チェック!



どのカップがダージリンを一番美味しそうに見せるでしょうか…

なんてマニアックなんでしょう!(笑)


紅茶教室というと、一体何を習うの?
とよく尋ねられるのですが、紅茶の世界は広げれば広げるほど深いと思いませんか?



sidetitleプロフィールsidetitle

tomoe

Author:tomoe
日本現代作法会 認定講師

宝塚でマナー教室を開講しております。
暮らしに役立つマナーやお作法を一緒にお勉強いたしましょう。

【インスタグラム】http://instagram.com/sumire_culture

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR