水無月

IMG_6405.jpg

関西、特に京都ではおなじみの「水無月」。
「夏越しの祓」の日に食べる和菓子です。
三角形の氷を形どった ういろうのと邪気を祓う あずきが上にのっています。

宮中の行事であった、6月1日の氷室開き(京都の山の氷室に貯蔵していた冬の氷を取り出す日)にちなんで、この菓子がつくられたといわれ、いまは6月いっぱい「水無月」を売っているお菓子屋さんも多いですよね。


今年の「水無月」は、叶匠寿庵さんのもの。
29、30日の2日間だけの限定販売だそうです。

あんこぎっちり、でもあっさり! 美味しかったです。


さ、半年の厄除けもしたし、27年度後半戦も健康で頑張ってゆきましょう~!


スポンサーサイト

夏越の祓

「夏越の祓(なごしのはらえ)」ってご存知ですか?

半年分のケガレを落とし、この後の半年の健康と厄除けを祈願する神事です。

ケガレと言われてもピンとこないかもしれませんが、人は生きているだけで様々なケガレをまとうのです。
知らないうちに殺生をしてしまったり、人の悪口を言ったり聞いたり、
また知らないうちに、人から疎まれたりすることも、ケガレと言われています。

どんな方法で役を落とすのか・・・

「茅の輪(ちのわ)くぐり」です! ^^

夏越の祓い


チガヤという草で編んだ大きな輪(茅の輪)が、この時期、神社の境内に設置されます。
それを、左右左と8の字を描くようにまわりながら・・・

「水無月の 夏越の祓する人は、
千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶというなり」

と唱えるそうです。

この茅の輪くぐりにはもとになった伝説があるのですが、それはまた次の機会に。
京都の方はよくご存じの「チマキ」のお話です。


旧暦の6月末に行われていた「夏越しの祓」。
現在は新暦で行っている神社が多いので、是非お近くの神社へお出かけください。

半年の厄を祓い、あとの半年、健康で幸せにお過ごしくださいませ。
ちなみに、12月末には「大祓」「年越しの祓」といって、1年の厄を払う行事が対で存在することも合わせてお知りおきくださいませ。

おすそわけ



はい、おすそわけ」 と

夏のお野菜をいただきました。
全て朝とれたばかりのものだそうです。
いつもお気づかいいただく、W 先生。
ありがとうございます。


今日は、この「おすそわけ」について・・・

「おすそわけ」は「御裾分け」とかきます。

ご存知の通り、どなたからか頂戴したものを、また他のどなたかに差し上げる行為をさします。

「すそわけ」のすそ(裾)は着物の裾、つまりいちばん足元のこと。
地面に近い足元をさすことから、「つまらないもの」という意味もあります。

ですから、「お裾分けをいただいた」と言ってみたり、
目上の方に「お裾分けです」と差し上げたりすることは、失礼にあたるとおしりおきください。

そんなときは?

「お福分け」という言葉をお使いください。
幸せをお分けする・・・ ということですので、いい言葉ですよね。

間違いやすい言葉のマナー、 これからも拾っていきたいと思います!

日本の美的センス

6月11日から13日の3日間にわたり、ドイツ・ベルリンにて
お花のワールドカップ「インターフローラワールドカップ2015」が開催されたそうです。
世界26か国からフローリストが、参加する国際競技大会なのだそう。

競技、と言われるだけに、ただ作品を制作するのではく、課題が与えられ、
「FREEDOM(自由・解放)」という大会テーマがあり、
競技ごとにも、「パーソナル」や「花束」、「オーガニック」などといったテーマのもと、
全選手が同じ花材・資材で、制限時間の中で制作するのだそうです。

その世界大会で、日本代表の中村有孝さんが、第4位!

その作品がこちら! 

課題は「オーガニック」
wc15_final_07.jpg

少し和のテイストも感じられて、素敵な作品ですよね。


日本には独自の美のセンスが脈々と受け継がれていると思います。
こうして、色々な分野で日本の美や文化が世界に知られることは嬉しいことです。

謙虚が美徳とされるのは日本の慣習ではありますが、謙虚と卑下は大きく違います。
なにより我々日本人は、自国の文化や芸術、その美をより深く知り、
誇りをもって、他国と対等に渡り合っていかねばならないと常日頃思っています。

がんばれ、日本! 笑
 

「インターフローラワールドカップ」詳細はこちらから

レモンの使いまわし

IMG_6388.jpg

知人のお誕生日に
リンツァートルテと習いたてのローズヒップのゼリーを・・・。

このトルテ。
レモンの皮が一個分いるんですよね。

そこで、その果汁を少々ローズヒップゼリーに。

その残りは、

IMG_6390.jpg

はちみつに漬けておきました。

ソーダで割ってたら「はちみつレモン」。
朝のヨーグルトも楽しみになります♪
このはちみつを使って、マドレーヌを焼いても美味しそう♪

なんだか、お菓子熱が再燃してきました!
次のレッスンには何か焼いちゃいますね~

法事にて

先日、我が家で祖母の25回忌法要がありました。

法要・・・といっても、家族だけで小さく行ったのですが、
いくら小さくと言っても、お供えやお寺さんへのお礼などは必須。

その掛け紙や、お布施などの作法について、
場数を踏んでいるはずの母でさえ、ちょっとあやふや・・・苦笑

まず、お供えの掛け紙は、外側に掛けます。
水引は(*関西では)、黄白。
表書きは「お供え」「御仏前」とします。

読経を挙げていただくお寺さんへのお礼は
白い封筒(郵便番号の記載のないもの)を使用します。
「お布施」「御車代」「粗飯料」などがありますね。

母は文具店で、さまざまな掛け紙や祝儀袋を購入してまいりました。
あれこれと相談したそうですが、恐らく、的を得ない質問の仕方だったのでしょうね、
「それ、違います」という買い物がたくさんありました 笑

お寺さんへのお礼に黒白の祝儀袋を用意してみたり、
お持ち帰りいただくお菓子に、赤白の紅白をかけようとするし。。。

お下がりは半紙に包んで、お渡しいたします。
お出しするお菓子も懐紙にのせてお出しすればお持ち帰りしやすくなります。


古来日本では、一家で法事の準備をし、親族が集うことで、
宗教行事や作法を伝えていたのでしょうが、
今のように核家族化し、小さな単位で法事が営まれ、
法事も3回忌以降は執り行わないことも多いそうです。

そんな昨今ですが、それでも「こんな時は・・・?」と
お問い合わせがあったり、マナー教室に通ってくださったりするのは
日本の伝統的行事や作法を知りたいと思っている方が少なくないということですよね。

私も、文化伝統が継承される一役を担うことができたらな、と日々精進したいと思います。

夏至

夏に至ると書いて、夏至(げし)。
二十四節気のひとつです。

昼が一番長く、そして夜が一番短い日であり、
今日を境に夏に向かっていくぞ・・・ という日。
太陽の恵みに感謝する日でもあります。

なんだか7月のほうが、夏の夜を楽しむ機会が多いため、
この時期に昼間が一番長いなんて不思議な気もしますね。


紫陽花の花

日当たりの悪い我が家の庭で この季節、
わがもの顔で咲き誇っているのが、紫陽花です。

昨今は日当たり悪い庭を“シェードガーデン”って言うのですね。
初めて市民権を得た思いです。

そんな紫陽花は切り花にすると水揚げがよくないと言われています。
茎を焼いたり、ミョウバンをつけたりして、家の中でも元気に咲いてもらっています。

私の家の定番は洗面所。

中の“花”がぱらぱら散ってきても、対応可能なこの場所がズボラな私にはぴったり!

IMG_6352.jpg

そう、その中の“花”・・・ですが、
紫陽花の花にみえる部分は、ガクなんですよね。

額の中心のプチっとしたまんまるがお花なのです。

そのお花も一つずつ咲いていくんですよ。

IMG_6353.jpg

ね。可愛いでしょう?

たくさんの花のあつまり・・・と思っている紫陽花ですが、
本当は、もっともっ~とたくさんの花の集まりなんですよね。

梅雨に入って早半月ほど?どんどん気温は上がってきました。
紫陽花の季節も、もう少しですね。
ぜひ紫陽花の小さなお花・・・ じっくり見てあげてくださいね~。

トマト・トマト・トマト

我が家のベランダトマトもすくすく成長しており、
ようやく色づきを見せております・・・

IMG_6367.jpg



先日職場で「取り寄せてるから・・・」と、真っ赤なトマトをいただきました。

うちの子も可愛いけれど、そのトマトの綺麗なこと!

IMG_6360.jpg

きけば、このトマト、トマトのオーナー制…というものに登録しているところから送られてきたトマトとのこと。

トマトのオーナーとは、
トマト5株のオーナー契約をすると、この美味しそうなトマトが最低60個? 補償されるのですって。
その間の株の手入れは農家の方にお任せで、収穫のみお邪魔すればよいそうです・・・

お値段、8000円

ん、ん~・・・ 高いのか安いのかもわからない・・・
トマト好きの私は、高知からお取り寄せすることもしばしば。

そう考えると、5株分8000円、60個保障はお安いのかしら? ・・・ちなみに我が家は母と二人暮らしです。
収穫にだけお邪魔するっていうのも、遠足みたいで楽しいかな ・・・くどいようですが、子供もいないのです。

しかしながら、HPを見ているうちに、すっかりその気に!! 笑

新規募集は7月1日から。
お申込み、してしまうかも・・・ です 笑
よろしければご一緒に・・・ で、収穫もご一緒に♪

コテラ農園 トマトオーナー制

本日開講 (講師養成講座)

今日は日本マナーアカデミー、マナー講師養成講座の第1回目の授業。
本部教室に出講してまいりました。

日本現代作法会では、マナー講師になるために最短2年半のさまざまな授業を受けなければなりません。
昨今、4日でマナー講師の資格がとれる。。。なんていう講座もあるのが現状ですが、
そのカリキュラムの多さと範囲の広さは、他の養成講座とは全く違うのです。

マナー講師を目指す方々は、「資格取得コース」で使用している同じ教科書を使用し、
その内容とともに、教え方を同時に身につけていただくことになります。

今日はオリエンテーションと「美しい身のこなし」。
基本の立ち姿と掛け姿、立礼と掛け礼3種、そして椅子の立ち座り・・・

私のカルチャー教室でもお教えしている内容ではあるのですが、養成講座は厳しいですよ~
まずは正しい姿を体に叩き込んで、
角度、スピード、あいさつ言葉・・・と教え方のレクチャーが続きます。

我々マナー講師の基本中の基本です!
6時間びっちり頑張っていただきました!

私もヘトヘト・・・ です  笑

ご興味のある方は、是非、お問い合わせくださいませ。

日本現代作法会 ホームページ



sidetitleプロフィールsidetitle

tomoe

Author:tomoe
日本現代作法会 認定講師

宝塚でマナー教室を開講しております。
暮らしに役立つマナーやお作法を一緒にお勉強いたしましょう。

【インスタグラム】http://instagram.com/sumire_culture

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR