ご報告

17-07-24-21-45-09-442_deco.jpg


私ごとですが・・・


と書き出すと、なんだかおめでたいご報告のように思えますが、

去る、7月14日に椎間板ヘルニアの手術をいたしました。


かれこれ2年以上、診断をされてからは1年半ほど、

腰痛や足の痺れ、睡眠障害に悩まされておりましたが、
ともかくすっきりいたしました。

いままでグズグズと手術を受けずにきたのは、

巷の「ヘルニアは手術をしても治らない」という言葉に惑わされたり、

「80%以上のヘルニアは体内に吸収される」ということを信じていたからです。


ケースバイケースなのでしょうが、私の場合、

手術を希望しはじめたときには、体内に吸収される状態ではありませんでした。


手術を希望して受診した際に撮影したMRI画像は

1年半前より確実に悪化しており、

なぜもっと早く決断しなかったのかと悔やんだくらいです。


手術は内視鏡でおこなうPELD法というもの。

朝8:30にクリニックへ行き、9:20にオペ室へ・・・

10:00ごろからオペ開始

 薄~い全身麻酔で会話しながらの手術 ^^;

11:20にはオペ室をでて、

夕方、麻酔が醒めるのを待って、二足歩行で電車を利用して帰宅しました。


すご~い!


手術から1週間。

術後の痺れや不安定さはあるものの、

あの激痛に襲われる夜が来ないと思うと、心安らかです^^

そして、連休明けの18日から仕事もしております。


ヘルニアに悩んでおいでの方。

もちろん、ご本人の状態や手術法よって一概には言えませんが、

ぜひ、手術を念頭にご相談なさってはいかがでしょう。

お薦めしますよ~。



スポンサーサイト

メールのマナー ~ビジネスマナー資格取得クラス~

今月のビジネスマナーのレッスンは

7月9日の19:30より開催いたしました。

一度報告を書き上げたにも関わらず、なぜかすべて消してしまったので、

すっかり萎えてしまい、ご報告が遅くなってしまいました・・・


気を取り直して、書き直します~♪


今回のテーマは「メールのマナー」です。

昨今、郵送・電話・FAXをはるかに超え、

ビジネスの最たる通信手段は電子メール、つまりE-mailですね。

日本現代作法会のビジネスマナーの教科書でも前回の改定の際に

新しく付け加えられた項目の一つでもあります。


E-mailが一般的な通信として利用され始めたころは、電話やFAXと違い、

受け取り手の状況を考えずに連絡することができる、と考えられていました。


例えば、深夜や早朝、こちらの都合のいい時間帯にメールをお送りしても、

先方のよいタイミングで見て頂けるので、なるべく早くお送りする事こそが

大切であるとお伝えしておりました。

・・・もちろんPCのメールアドレスへですよ。


しかしながら、スマートフォンが完全に普及している現在、ビジネスのメールも

個人のモバイルへ転送をしている方が多くいらっしゃいますね。

すると、こちらの都合でお送りしたメールは少しのタイムラグはあっても、

即座にお手元に届いてしまいます・・・


現在では、ビジネスメールはお送りする内容によっては送信するタイミングを

配慮しなければなりません、とお伝えしております。


・・・これも実際には難しいのですけどねぇ。


遅い時間に届いたメール、もしくは遅くに拝読したご連絡に、

お返事がすぐ必要かしら・・・と、考えあぐねた結果、

かなり遅い時間にメールをすることがよくあります。

メールの内容や関係性によって、送信のタイミングの判断が必要となりますね・・・



ビジネスにおけるマナーは、一般のマナーや作法と違って、

その時の社会状況によってどんどん変化してまいります。

つまり、固定のマナーを覚えていればよいというわけではないのです。

マナーのセンスを磨いてまいりましょうね~



さて、本日のお茶の時間です♪

「マフィンとGodivaのフ:レーバーコーヒー」をご用意しました。

17-07-05-08-40-36-787_deco.jpg


マフィンの中には、チョコとココナッツやミルクジャム、

紅茶のクリームが入っているものもあります。


焼いた本人もどれがどれやらさっぱりわかりません・・・

ロシアンルーレットのようなマフィン(笑)

(辛かったり、ワサビが入った罰ゲームはありません!)


夜のクラスはお仕事帰りのこともあって(私を含め)

おなかにしっかり入るものを選んでいるのです~ ^^


次回は、7月27日(木):19:30~

 「ものの持ち方・渡し方」を予定しています。


蒸し暑い日が続きますが、どうぞ皆様ご自愛くださいね~!




フラワーケーキレッスンに参加してまいりました

9d29741bd5a9df9de0c0f9fb108a0074_14ecdeddd5e9c7437e9e91cddc85cdb4.jpg


素敵でしょう~♡


数か月前から急にバタークリームのケーキをやってみたい!と

思い立ち、なんとなぁく本屋さんで立ち読みなどを繰り返していたら、

Monsucreの麻衣子先生のお教室で、こんな素敵なご案内が!


「エレガントなフラワーケーキレッスン 開催します!!」


岡山から講師MamanF、吉間早苗先生をお招きしてフラワーケーキレッスンを行います。
ホールケーキに、バタークリームで絞ったお花でデコレーションをします。
早苗先生のセンスが光る大人っぽい華やかなフラワーケーキです♡
お花の種類は
・バラ
・ピオニー
・つぼみ
アイシング講師になられるずっと前から、ケーキ職人として活躍されてきた早苗先生の美しいクリーム絞り、確かな技術を学びましょう!

絶対行きたい!!と日程にご無理を申し上げて、参加させていただきました。

がんこの和食のマナーをご受講くださったmhkさんと意気投合して、ご一緒することに!


神戸の印象的な景色を一望できるタワーマンションの素敵な一室で、

とっても素敵な受講生のお仲間に入れて頂きました。

神戸の方々は華やかです~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


そして、みてください!

お花畑みたいでしょう~!

これ、すべてケーキですよ♪

17-07-05-08-46-18-938_deco.jpg


みなさま、丁寧にひとつひとつ花びらの作成をされていましたが、

どうも私は数をこなす質のようで・・・
不出来なお花を大量にしぼりだしてしまいました・・・


それでも、みてください!


私の作品です♡ 素敵でしょ!?

17-07-05-08-44-01-148_deco.jpg


写真の撮り方にずいぶん助けられているという点は否めませんが・・・


一点でみると、なかなか~とおもっちゃったりするのですが、

先生の作品を拝見すると、やっぱり全然違う。。。 全く別物!

DSC_0564.jpg


そして食べてもとっても美味しいのです。


ちょうどお教室のないときで、皆様にご覧いただけなかったのはとても残念ですが、

ぜひまたTRYしてみたいと思っています。


丁寧にお教えくださった、岡山のMaman F主催 の吉間早苗先生、

柴田麻衣子先生、本当にお世話になりました。






フランス菓子教室 ~パンドジェーヌとルバーブのコンフィチュール~

今月のフランス菓子教室「レクレブランシュ」では、

「パンドジェーヌ」と「ルバーブのコンフィチュール」

を教えていただきました!


パンドジェーヌとはジェノバのパンという意味の

アーモンドをたっぷり使ったケーキです。


DSC_0507.jpg


そして、ルバーブのコンフィチュール・・・

つまり、ルバーブのジャムです。


はじめてルバーブを食べたのは、NZにいるころ。

ご近所(と言っても車で15分ほど)のサリーが作ってくれた

カスタードとルバーブのジャムを合わせたプディングのソースでした。


たまご色のカスタードに濃いピンクの繊維が綺麗な模様のようで、

甘さの中の酸味がとっても美味しく

「これなに!?」と聞いたことを思い出します。

NZ生活の中でも5本の指にはいる「美味しいもの」の記憶・・・ 笑


  ↓ ルバーブです

DSC_0501.jpg


でも、軽井沢などでお目にかかる日本のルバーブはジャムにすると緑色。

あの鮮やかな赤色のルバーブのジャムを恋しく思っていましたが、


先生がお持ちくださったルバーブを、銅のお鍋で煮詰めますと・・・

DSC_0505.jpg


すると~!!


本当にきれいなルバーブのジャム(コンフィチュール)ができました!

そうそう!この鮮やかなピンク色!

DSC_0515.jpg



一日熟成させたパンドジェーヌは早朝から1人お茶会で味見を・・・

しっとりしていておいしい~❤


17-06-26-07-05-44-411_deco.jpg


ルバーブは・・・

もったいなくていつどうやって食べようか・・・

ウキウキしながら検討中・・・❤



PIMM'Sにはまってます

日本ではあまり聞きなれない「PIMM’S(ピムス)。

ピムスとは、カクテルを作るためのお酒で、

ジンをベースに柑橘類のエキスやハーブを加えたリキュールのことです。


リキュールの販売元、KIRINのHPによると・・・


 ロンドンの金融街・シティでオイスター・バーを始めたジェームス・ピムが、1840年、ジンをベースにリキュールや柑橘系フルーツエキスなどを配合したオリジナルカクテルをつくり、それが「ピムス」の始まりとなりました。

 このオリジナルカクテルは「ピムス ナンバーワン カップ」と呼ばれ、当時のロンドン紳士たちの間で人気を集め、以来「ピムス」は英国の洗練された人たちの間でファッショナブルな飲み物として、多くの人に親しまれてきました。

 ウィンブルドン全英テニス選手権大会やロイヤル・アスコット競馬、ヘンリー・ロイヤル・レガッタなどのイギリスを代表するイベント会場で愛飲される、英国の夏を楽しむ代表的なリキュールです。


とのこと。

そう、ロンドン発祥のリキュールで、いまでもイギリスで愛される飲み物なんですね~


DSC_0381.jpg


イギリスで最もポピュラーな飲み方は、スパークリングレモネードで割って、

カットした柑橘類などのフルーツとミント・・・

そして キュウリ を入れるんですよ~!


最近、芦屋のイングリッシュ・パブ「クラッパム イン」さんに

連れて行ってもらう機会が多く(カード作家のちひろ先生に^^)、

通常、Beerをいただくところ、ピムスを頼んでいると

すっかりはまってしまいました。


ちなみに、ちひろ先生はキュウリがずいぶんとお嫌いらしく、

ピムスから透けて見えるキュウリの存在に、いつも眉間にしわが寄ります 笑


この少し苦みのある爽やかな甘さの飲み物が、フィッシュ&チップスや

イギリスの食事に合うんです。

DSC_0500.jpg


この夏は、自宅でもPIMM'Sリキュールを常備して、

ロンドンっ子気分を味わいたいなと思っています。


・・・まぁ、キュウリはどちらでもいいけれど 笑





sidetitleプロフィールsidetitle

tomoe

Author:tomoe
日本現代作法会 認定講師

宝塚でマナー教室を開講しております。
暮らしに役立つマナーやお作法を一緒にお勉強いたしましょう。

【インスタグラム】http://instagram.com/sumire_culture

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR